撮影アドバイス

白部屋 黒部屋など

蛍光ライト 1灯を使用した場合

 

一番スタンダードな方法としては、被写体に向けて

斜め45度に当てる方法です。

ライトが当たってる反対側にシャドウが付いて

より立体的な画作りが出来ます。

 

ライティングは、あまり上から当てると

前髪の影が強く出てしまいますので、ほぼ平行でよい

 

メインライトの位置は、被写体の影をどのように付けたいか

上がりを確認しながら少しずつ動かしてみてください。

 

 

 

 

 

蛍光ライト 2灯を使用した場合

 

メインライト1灯は、被写体に向け30度くらいに向け、
サブライト(リングライト)など、出力の弱いものを

反対側から斜めに当てる。影になった部分を少し起こすことで

綺麗で柔らかい仕上がりになります。 

 

メインライトの位置は、被写体の影をどのように付けたいか

上がりを確認しながら少しずつ動かしてみてください。

 

 

 

 

 

蛍光ライト 1灯+レフ板を使用した場合

 

メインライトを、ほぼ横から当て、反対側に出来る影を起こすように

白レフを当てる。ロケ撮影でもスタジオ撮影でも、基本的なパターンです。

 

メインライトの位置は、被写体の影をどのように付けたいか

上がりを確認しながら少しずつ動かしてみてください。

 

 

 

 

 

 キャッチライト

キャッチライトと言う言葉を聞いたことありますか? 

目の中にライトが反射して写り込むことです。

これによって、目がイキイキした表情になります

 

キャッチライトを入れる方法

 

1 レフ板を顔の前に置く。位置はその時のライティングによって

  変えてみてください。

 

2 ソフトボックスなどライティング機材を直接被写体に当てて
  しっかり被写体の目を見ながら位置を調整してください。 

 


 露出

お使いの機材とレンズによっては、

上記写真のような仕上がりが得られない場合がございます。
一眼レフを購入した際にレンズキットをご購入された方は、

レンズの開放値が f3.5 f4など
やや暗めのレンズを使用されておられるかと思います。

その場合、カメラ本体が最近の物であれば、

ISO設定を 400〜1600 くらいまであげてみてください。

 

アマチュアの方は、マニュアル露出ではなく、絞り優先モードを選んでください。

可愛く撮りたい場合は、レイヤーさんに座って頂き

上斜めから撮影します。その場合、目線だけ上を向くのではなく

カメラとほぼ並行になる用に顎を上げてもらいます。

眼球が気持ち真ん中より上に来る感じが、可愛い合図です。

 

ピントはどちらか近い方の目または睫毛に合わせます。

上斜めから撮ることで、顎のラインがシャープになり

眼がパッチリ見えるので、あとはアヒル口や、口に指を添えて
しーって感じも更に効果的です 。